フランス語の学習
フランスの散歩道
フランスの散歩道 TOP > フランス語の学習


仏検

futuken.jpg

仏検(実用フランス語技能検定試験)
● 日本で唯一のフランス語認定試験
● 大学などの単位取得や入学資格につながる

仏険レベル・学習時間の目安
---------------------------------------------------------
1級
「読む」「書く」「話す」という能力を高度にバランスよく身につけ、フランス語を実地に役立てる職業で即戦力となる。
標準学習時間:600時間以上

---------------------------------------------------------
準1級
日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的な内容はもとより、多様な分野についてのフランス語を読み、書き、聞き、話すことができる。
標準学習時間:500時間以上

---------------------------------------------------------
2級
日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的なフランス語を読み、書き、聞き、話すことができる。
標準学習時間:400時間以上

---------------------------------------------------------
準2級
日常生活における平易なフランス語を読み、書き、話すことができる
標準学習時間:300時間以上

---------------------------------------------------------
3級
フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。
標準学習時間:200時間以上(大学で、第一外国語としての授業なら1年間、第二外国語として週2回の授業なら2年間の学習に相当)

---------------------------------------------------------
4級
基礎的な日常フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。
標準学習時間:100時間以上(大学で、週1回の授業なら2年間、週2回の授業なら1年間の学習に相当)。

---------------------------------------------------------
5級
初歩的な日常フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。
標準学習時間:50時間以上(大学で、週1回の授業なら1年間、週2回の授業なら半年間の学習に相当)。

---------------------------------------------------------

2008年度 春季 仏検日程
 一次試験 1級・2級・準2級・3級・4級・5級 2008年6月22日(日)
 二次試験 1級・2級・準2級 2008年7月20日(日)

詳細は → APEF(フランス語教育振興協会)



DELF/DALF

delfdalf1.gif

DELF/DALF(フランス文部省認定フランス語資格試験)
 DELF(Diplôme d'études en langue française)
 DALF(Diplôme approfondi de langue française)


DELF・DALFとは1985年5月より行われているフランス文部省認定フランス語資格試験で、セーヴルの中央機構Commission Nationale全国委員会の管理のもと世界150余ケ国で実施されています。

DALF C1を取得するとフランスの大学の学部に入学する際に義務づけられているフランス語能力評価試験が免除されます。また、フランスやフランス語圏及びヨーロッパの高等教育機関でも広く認可されつつあります。日本では、フランス政府給費留学生試験の一部が免除されています。
DELF(A1,A2,B1,B2)・DALF(C1,C2)という6つの新しいディプロム(証書)が、発行されます。各々のディプロムは、聞き取り・読解・文書作成・口頭表現の4つの能力が評価されます。

 合否判定
DELF A1, A2, B1, B2, DALF C1
聞き取り(25点)、読解(25点)、文書作成(25点)、口頭表現(25点)で構成され、100点満点のうち、50点の得点で合格となります。また、各分野につき最低5点の獲得が必要とされます。
DALF C2
聞き取り・口頭表現(50点)、読解・文書作成(50点)で構成され、100点満点のうち、50点の得点で合格となります。また、各分野につき最低10点の獲得が必要とされます。

詳細は → 東京日仏学院 


TCF(フランス語能力テスト)

tcf1.gif

TCF (Test de Connaissance du Français)はフランス文部省が認定した試験です。
受験者のフランス語能力は得点により、欧州評議会が設定した6段階のレベルに分けられます。
TCFは、仕事上であれ個人的理由であれ、自分のフランス語能力を英語のTOEICのように簡単で早く確実に計ることを望む、フランス語を母国語としないすべての方を対象とします。
証書は2年間有効です。

必須試験:聞き取り・文法・読解
補足試験:筆記表現力試験、口頭表現力試験

2008年度日程
2月10日(日) 必須・補足
4月13日(日) 必須
7月27日(日) 必須
9月28日(日) 必須
12月14日(日) 必須・補足
● 受験料:各10,000円(必須、補足共)
● 試験会場&願書提出先:東京日仏学院
● 申込締切:各試験日の同日1ヶ月前

詳細は → 東京日仏学院 


TEF(Test d'Evaluation de Francais)

TEF2.jpg

権威あるパリ商工会議所が実施する世界共通のフランス語試験
各分野のスペシャリストが試験問題を編纂
現在の実力を900点満点のスコアと7段階のレベルで評価

レベル対照表

初級 0〜68点
Niveau 0+ フランス語を語句単位で理解できる
既に学習して覚えている表現を使える。

69〜203点
Niveau 1 フランス語の基礎知識を持つレベル
既に知っている表現を元にして、簡単なメッセージを部分的に理解できる。口頭でも繰り返し言われれば簡単な表現を理解できる。

204〜360点
Niveau 2 フランス語の基礎的な構造を理解できるレベル
日常生活において簡単な内容のメッセージを理解し、必要な情報を得られる。基礎的なコミュニケーションができる。

中級 361〜540点
Niveau 3 限りがあるが有効に活用できるフランス語能力
日常生活や旅行などで一通り対処できる語学力を持ち、自分の意見を簡単に表現できる。既知の話題を扱った文章、ディスカッションで、明確に述べられた情報を把握できる。

541〜698点
Niveau 4 総合的なフランス語能力
日常生活で広く対応できる語学力を持ち、一般的な話題に関して議論ができる。また興味のある分野においては、抽象的な話題でも詳しく内容を理解できる。

上級 699〜833点
Niveau 5 優れたフランス語能力
仕事をはじめとする社会生活において広く対応できる語学力を持つ。複雑で専門的な知識を要する文章や情報も、細部にわたり理解できる。

834〜900点
Niveau 6 完璧なフランス語能力
様々な分野において、読み、聞いたものを完全に理解できる。微妙なニュアンスをも正確に感じとることができ、複雑な文章、情報を精巧に解釈できる。

詳細は → 日仏文化協会 



パリ商工会議所認定フランス語試験

FRANÇAIS DES AFFAIRES(パリ商工会議所認定フランス語試験)
Diplôme de français des affaires, 1er degré(DFA 1):商業仏語検定第一段階
DFA1:口述試験+筆記試験 2008年度日程
DFA 1 口述 7月13日(日)
筆記 7月20日(日)
● 受験料:25,000円
● 試験会場&願書提出先:東京日仏学院
● 申込締切:各試験日の同日2ヶ月前

詳細は → 東京日仏学院 


フランス語各種試験のレベル対応表

TCF,TEF,DELF/DALF のレベル対応表
-------------------------------------------------------
TCF:レベル6(600〜699点)
TEF:レベル6(834〜900点)
DELF/DALF:DALF C2

非常に優れたフランス語の運用能力を持つ。読むもの、聞くものの全てを即座に理解し、且つ的確に要約することが出来る。複雑なテーマについても、様々な形で、ニュアンスを交えつつ流暢に意見を述べることが出来る。

-------------------------------------------------------
TCF:レベル5(500〜599点)
TEF:レベル5(699〜833点)
DELF/DALF:DELF C1
CCIP:DFA2

フランス語の優れた運用能力を持つ。含みのある難解な長文テキストであっても、その殆どを解し、自分の社会的な立場や仕事、学問との関わり、あるいは他の複雑なテーマについても、流暢且つ論理的に述べることが出来る。
学習時間の目安 >>> 510時間

-------------------------------------------------------
TCF:レベル4(400〜499点)
TEF:レベル4(541〜698点)
DELF/DALF:DELF B2
CCIP:DFA1

フランス語を全般にわたって自主的に運用出来る。複雑なテキストの要点を理解すると同時に、一般的あるいは専門的な内容の会話に加わり、筋の通った意見を明確且つ詳細に述べることが出来る。 学習時間の目安 >>> 330時間

-------------------------------------------------------
TCF:レベル3(300〜399点)
TEF:レベル3(361〜540点)
DELF/DALF:DELF B1
CCIP:CFS

フランス語を効果的にマスターしているが、限界がある。身近な分野の明快で標準的な表現なら理解する。旅行先で会話をこなし、自分に興味のあることを話すことが出来る。計画やアイデアに関して短く説明することも可能。
学習時間の目安 >>> 210時間

-------------------------------------------------------
TCF:レベル2(200〜299点)
TEF:レベル2(204〜360点)
DELF/DALF:DELF A2

フランス語の初歩をマスター。身近な分野の単文を理解する。慣れた状況でならコミュニケーションが可能。自分に関する問題を単純な手段で表現出来る。
学習時間の目安 >>> 120時間

-------------------------------------------------------
TCF:レベル1(100〜199点)
TEF:レベル1(69〜203点)
DELF/DALF:DELF A1

フランス語の基礎レベル。日常生活での単純且つ具体的な状況を理解する。相手がゆっくり話すなら、簡単なコミュニケーションも可能。
学習時間の目安 >>> 60時間

-------------------------------------------------------
TEF:レベル0 + (0〜68点)

全くフランス語にふれたことがない。簡単なフランス語の知識を身につける第一歩。

-------------------------------------------------------

詳細は → 日仏学院


日仏学院

日仏学院はフランス政府の公式機関。

語学学校、文化センター、情報発信基地etc..
様々な要素を兼ね備えた「日本の中のフランス」と言えるかもしれません。

メディアテーク(図書館)は、国籍年齢を問わず、多くの方々に利用されています。
日仏学院の会員になると、イベントの入場料が無料または割引になるなど、様々な特典があります。

詳細は → 日仏学院



フランス語の電子辞書

フランス語の電子辞書
フランス語の電子辞書
電子辞書には賛否両論ありますが、さっと引けて単語に触れる機会が増えるという意味で、1台は持っていてもいいと思います。

ただし、基本性能を満たしたベーシックなやつでひとまずは充分。
高機能5万円台なんてのもあるけど、余計な機能のせいでしょう。

辞書としての基本性能があればOKです。ただし音声機能はあった方がいい。
特にフランス語を習いたての頃は、そもそもどう発声していいか分からない。単語の語尾をどう発音するかとか、僕は今でもあやふやですが。。

電子辞書で単語の音を聞いて自分で発音して覚える。ここが紙の辞書との使い分けになるのだと思う。

2万円台で音声機能付きフランス語電子辞書を アマゾン で検索する場合は→ こちら






Copyright (c) フランスの散歩道, all rights reserved.