セネガルがいど TOP

セネガルがいど TOP > てらんが写真館 > 働くクレーン



★ 働くクレーン ★

建設現場も手作業に頼ることが多いこの国も、役に立つのはやっぱりクレーン!
ただし、この国ではいつ建設が終わるのか見当もつかないほどのんびりしている。あ、でもその分ゆっくり見れるよね。


椰子と空とタワークレーン
青い空、白い雲、椰子の木。そしてタワークレーン。


Potain1976年製
Potain社1976年製タワークレーン。
銘版はフランス語と英語。定期検査を受けたシールは張ってあるが、かなり昔のもの。この国にもあるのかな。


鉄筋
建築に使用する鉄筋。
写真中央の鉄筋を切る道具がいかす。
この国の建築は基本的に砂を固めてブロックにし、それを積み上げて外から砂を塗り固め、きれいな壁に仕上げる。地震が来たら多少危険。。。
さすがに高層建築には、鉄筋を使うらしい。全部錆びてるけどいいのかな。


クレーンに沿って空を見上げる
クレーンに沿って空を見上げる。
職業病と言っても許されるかな。どれだけ長い時間でも見上げていられる。

僕は協力隊に参加する以前、日本のクレーンメーカで設計の仕事をしていました。
今でもその経験はとても役に立ってると思うし、クレーンを見かけるとドキドキする。これからどんな道を進んでいこうか、まだ決めてないけど、いつか世界最大の橋の建造に携われたら。その目標は変わっていません。






Copyright © セネガルがいど,all rights reserved.