セネガルがいど TOP 日本最大級ショッピングサイト
楽天市場

セネガルがいど TOP > 暮らしのがいど > 買いものがいど



★ 買いものがいど ★

セネガルでお買いもの。
楽しいですよ。おっと、スリや詐欺(?)に気をつけて!


★道端のお店★
どんな町にも道端の店がたくさんあって、いーろんな物を売っている。
見てるだけでも面白いし、価格はすべて交渉次第なので、最初面倒だけど、慣れるとこれもまた楽しい。

「てらんが写真館」→ 道端のお店 参照

★価格交渉★
ほとんどの品物の価格は交渉により決まるため、基本的には何を買うにも店員とやり取りをしないと買えない。現地語を話せるようになったり、価格相場をこまめにチェックするほうが有利。自分の思った値段で買えるようになれば、まずまずだ。
店先での会話例:(中級レベル)
客)アッサラームアライクン
店)マライクンサラーム
客)元気?調子はどう?君はどこに居る?家族は元気?
店)元気さ。僕はここに居るよ。家族は向こうに居るよ。
客)ところで、これいくら?
店)3000Fだな。おまえは友達だから。
客)うそーっ?他の店は500Fだったぞ!(このときの驚き方もポイント)
店)じゃ、2500Fだ。これは特別質がいいんだぜ。
客)高いな。また来るよ。全ては神の思し召し。(立ち去ろうとする)
店)待て、わかったよ。1000Fでどうだ。
客)750Fだな。
店)持ってけよ。
客)ありがとう。

★衣料品★
様々な種類の布を着こなすのがこの国のおしゃれ。(特に女性)
明るく大胆な柄に染められた布地をがぼっとかぶるような、そんな着こなし。
布地問屋街も充実している。サンダガ市場から2本駅寄りの通りがおすすめ。
セネガル産だけでなく、北アフリカや中東の製品も人気がある。
コロバンヌ地区に染物を専門に行う地区があるようだ。通り沿いにはたくさん鮮やかな布が干してある。

★生活雑貨★
外国資本の大手スーパーも数多くあり、生活物資のほとんどは不自由なく手に入る。ただし、輸入品については、外国で販売されている価格とほぼ同額。

★民芸品★
観光客の多い土地柄、民芸品などのお土産物販売店も多い。
街の中心部から少し離れたところには、アーティザナと呼ばれる民芸品製造、販売地区があり、種類もとても豊富。
アンティークの木彫りの仮面の迫力は圧巻。
観光外国人が相手なので、初期設定の価格はものすごく高い。
思いきって9割引くらいの値段から交渉してみよう。



★バナバナ★
路上で雑貨を売り歩くお兄ちゃんたち、人呼んでバナバナ。意味不明のものも多数扱っている。価格交渉が楽しい。
交差点で大きなじゅうたんを両手で広げ、一日中立っている根性の入った体力派バナバナも。





Copyright © セネガルがいど,all rights reserved.