セネガルがいど TOP

セネガルがいど TOP > 旅するがいど > ガラージュがいど



★ ガラージュがいど ★

車での移動はとにかくここから。
ガラージュの仕組みをマスターして、Bon Voyage !


★ガラージュとは★
自動車のターミナルのこと。
鉄道よりも自動車交通の方が格段に利用されているセネガル。たいていの町にはガラージュがあり、バスもセットプラスもカールも、人も物売りも子供も大人も、とにかくここに集まる。

★ガラージュあれこれ★
首都Dakarには数ケ所のガラージュがあり、それぞれ市内、近郊、都市間移動、その他、etc..、と、使い分けられている。
小さな町には1ヵ所。もっと小さな町には道端に車が止まっているだけ、さらに小さな村には特にガラージュは無いけど、道端に立ってて合図すると、ちゃんと止まってくれる。

★写真集★
「てらんが写真館」→ ガラージュ を見る。

★値段交渉★
乗車料金はほぼ固定価格なので、交渉の必要は無い。が、一応同乗する乗客に聞いて確かめるとよい。
ただし荷物代や、チップ、便数が極端に少ない路線の場合などは値段交渉の必要がある。

★目的の車を探す★
車の行き先は決まっているので「これはどこ行き?」(ビーフォイデム?)なんて聞けば、行き先を教えてくれる。
ダカール最大のガラージュ、"ポンピエ"のように、とても広くて分からない場合は、よく見ると、板に車両ナンバーを控えてチェックしているおじさんが居るので「○×に行きたいんだけど」(ブグナーデム○×)といえば「あっちだ!」と教えてくれる。
そこら辺の少年に聞いてもたいてい親切に乗り場まで連れて行ってくれるが、貸切用の場所に案内されたりして遠回りになることもある。
聞くときに、きちんとカールなのか、セットプラスなのか、伝えること。

★案内少年★
ダカールのガラージュポンピエなど、大きなターミナルはどこに目的の車があるのか、どの順序で発車するのか、分かりにくい。案内をしてチップを稼ごうとする少年がうろうろしているので、案内してもらい、ついでにいい席を確保してもらう方法もある。チップは50F程度。 ただし、誰が案内少年なのかの見極めには慣れが必要。貸し切りタクシー専門の客引きや、全然詳しくないのに案内しようとして余計に時間が掛かる場合もある。

★カオラックの2ヶ所のガラージュ★
カオラック(Kaolac)にはガラージュが2ヶ所ある。行先によって使い分ける。

・ ガラージュダカール:Dakar,Diourbel 方面(北)、Mbour,Fatick 方面(西)
・ ガラージュニョーロ:Kidira,Tamba,Koungheul 方面(東)、Banjul,Nioro 方面(南)

2つのガラージュ間移動は Taxi = 500F 貸切。または 乗り合いタクシー = 100F を利用する。モビレットタクシ(2人乗りバイク)は台数も多く便利だが、隊員は利用禁止。

★安全情報★
とにかく人が多い。いろんな目的の人が集まるので、荷物管理はきちんとしよう。
屋根の上に荷物を預けなければならないこともあり、限界もあるが、なるべく自分の荷物は出発まで、目を離さないように。
特に乗客の多い便は荷物代や席取のチップ額で言い合いになることもある。熱くなり過ぎないように。

★詳細★
それぞれの乗り物についての詳細、行き先、運賃表などの詳細は、
「のりものがいど」 参照。






Copyright © セネガルがいど,all rights reserved.