セネガルがいど TOP

セネガルがいど TOP > たびっき > 葡萄酒を求めて南欧の旅



★ 葡萄酒を求めて南欧の旅 ★


★ 任国外旅行 ★
協力隊員の任期(2年間)中に、1度だけ最大3週間、派遣国外を旅行することができる規定。
正式名称は任国外研修旅行。したがって、なにかしら研修となるような体験をしなくてはならないのか?旅行に出れば、それなりの経験を得ることができるので、まあ、それでよいと思う。

★ 旅行可能な国 ★
セネガル派遣隊員が旅行できる国は以下のとおり。
・ ガンビア
・ マリ
・ カーボベルデ
・ スペイン
・ フランス
・ モロッコ
・ モーリタニア(現在渡行不可)

★ 行ってきました ★
そういうわけで、2003年7月4日~24日まで、フランス&スペインに行かせていただきました。
日付 滞在地 主な行動
07/04 Paris パリ到着 市内美術館巡り
07/05 Paris パリ市内散策 教会でGospelコンサート
07/06 Bordeaux 日光浴
07/07 Bordeaux 教会巡り ワイン蔵巡り
07/08 Jaca バスでピレネー越え
07/09 Jaca 牛追い祭見物
07/10 Jaca ピレネー オルデサ国立公園散策 Jaca城見学
07/11 Madrid 長距離バスで移動
07/12 Madrid セゴビアのローマ水道 フラメンコ見学
07/13 Madrid ラマンチャ風車と古城見学 闘牛見物
07/14 Barcelona トレド散策
07/15 Barcelona グエル公園 ピカソ美術館
07/16 Touolouse ピレネー山中散歩
07/17 Touolouse ラスコー洞窟見学
07/18 Sete セート散策
07/19 Sete セート山歩き 海水浴
07/20 Lyon リヨン散策 映画鑑賞
07/21 Lyon 円形闘技場で映画イベント
07/22 Paris 下水道博物館見学
07/23 Paris パリ市内散策
07/24 Paris ダカールへ帰国

★ 葡萄酒を求めて南欧の旅 ★
とにかく、驚きの連続だった。
パリに着陸する時、そして空港から街中に向かうバスでも、僕は窓におでこを着けたまま、はー、ひぇーと、変な声を出していたので、近くの席の人は、僕を変な奴と勘違いしたに違いない。ダカールも都会ではあるが、人も車も建物も、何故だか何もかもが違って思えた。
帰りの飛行機では、窓からずっと地面を眺めていた。フランスでは緑豊かだった大地が、ピレネー山脈を超えると徐々に大地に茶色が加わり、ジブラルタル海峡を越えてモロッコに入ると、一面茶色の畑になってしまう。そしてモーリタニアまで来ると、そこはもはや一面の砂。町も畑もない、砂の世界。
「違い」というものを、この旅で改めて実感した。
任国外旅行の行き先として、セネガル近隣諸国を訪れるか、ヨーロッパにするか、協力隊員の中でも意見の分かれるところであるが、僕にとっては衝撃的ともいえるこの違いを、任期中に目の当たりにすることができたという、かけがいのない旅行をすることができた。
ダカール空港に到着し、僕の任国外旅行は無事に終わってしまったが、空港のタクシー乗り場で大声で値段交渉をしている時、故郷に戻ってきたような気がして、なんだか嬉しかった。

★ セネガル航空 ★
せっかくセネガルに住んでいるので、利用飛行機には、セネガル航空を選んだ。
乗務員はほとんど全員セネガル人、もしくは近隣国の人。サービスも雰囲気もなかなかよかった。
みんなとってもきれいなフランス語を話すんだけど、1人の赤ちゃんが泣き出して、それをなだめるのにスチュワーデスさんがWolof語(セネガルの現地語)であやしてるのを見て、ほほえましかった。
「のりものがいど」 → 飛行機 参照





Copyright © セネガルがいど,all rights reserved.