セネガルがいど TOP

セネガルがいど TOP > たびっき > 国際ボランティアデー



★ 国際ボランティアデー ★

2003年のテーマは「デジタルの挑戦に直面するボランティア」。
ってことで、フランス語でスピーチまですることになっちゃいました。

★ 国際ボランティアデー参加報告 ★
毎年恒例の国際ボランティアデー、今回は12月4~5日、2日間にわたり開催されました。
今回のテーマが「デジタルの挑戦に直面するボランティア」ということで、私の職種とも関係が深いことからスピーチと会議に参加させていただきましたので、その概要を報告いたします。

・ 日時、場所
2003年12月4日および5日。国会議事堂そば「CONSEIL ECONOMIC ET SOCIAL」にて

スピーチ

・ スピーチ内容
MS-PowerPointで作成した箇条書き資料をプロジェクタで画面表示し、口頭で補足説明するという発表形態を用いた。なお、楽しく聞いてもらえるような発表を試みた。
職場での活動と今後の展望を簡単に説明し、その後、物語「桃太郎」を紙芝居風に提示、子供たちにコンピュータに触れる機会を持たせることが重要だ、という流れで発表を行った。
発表は楽しんでもらえたようだし、いくつかの協力団体から「桃太郎」について、質問や資料の配布依頼を頂いたので、それなりに効果があったのだと思う。
→ 下記スピーチ原稿参照

・ 会議内容
各ボランティア団体が情報共有できる場所としての「ボランティアの家」という構想を拠点としたネットワーク化構想など、情報技術を利用してどのような活動ができるか。といった意見交換の場であったが、残念ながら私には活発に発言する能力がなかった。

・ 配属先(教育省初等教育局)の反応
配属先には、招待状は届いていたようだが、残念ながら同僚らは欠席であった。しかし後日、「行けなかったけど、仏語でよくやった」と応援してくれていたようなのでよかった。

・ まとめ
とにかく、仏語で発表というだけでも参加しがいがあったし、自己評価では、まあまあよくできたと思う。米国ピースコーボランティアの発表の中で「埃と暑さのせいかフロッピーがしばしば故障して参る」といった部分などとても共感できた。現在、コンピュータ関連のセネガル協力隊派遣は私のみのため、同職種のボランティアのお話を聞けたことはとても有意義であったし、しかも仏語で話されていることを、少しでも理解できたので嬉しく思った。
今回をきっかけに仏語学習もさらに努力しなければならないと再認識した。
最後に、発表練習に時間を割いて下さったローカルスタッフの方々を含め、事務所の皆様のご協力により無事に達成できましたことを感謝申し上げます。

★ スピーチ原稿 ★
PowerPointで資料を作成して発表しました。

スピーチ Bonjour tout le monde ! Nangen def ?
みなさんこんにちは! 元気ですか(Wolof)?
スピーチ Je m’appelle Go.
Je suis volontaire de la JICA.
Avant, J'etais mecanicien, Acuellement Je suis informaticien, et comedien. Non, c’est juste une blague !
Je travaille au Ministere de l’Education Nationale, plus precisement
A la Direction de l’Enseignement Elementaire.
On dit DEE.
私はごうです。JICAのボランティアです。以前はメカニシャンでした。今は情報処理技術者です。そして、コメディアンです。いや、冗談です!
スピーチ Dans la direction, je travaille avec a peu pres 20 collegues, tres sympa. Et nous avons 16 machines dans toute la Direction. J’enseigne l’utilisation des logiciels Word, Excel, Power Point, etc... aux agents de la Direction. Et je les aide pour leur travail sur ordinateur. Et parfois je repare les machines qui tombent en panne. Avant, Quand je suis arrive a la direction, peu de personnes manipulaient bien le logiciel Word. Actuellement, presque tout le monde peut bien utiliser le logiciel. Et pour les autres logiciels, ca avance. Depuis quelques mois, Nous avons l’internet et la connexion reseau. Voila le resume de mes activites.
配属局では約20名の優しい同僚と働いています。16台のマシンが部署内にあります。職員にソフトウエアの操作を教えてたり、彼らの仕事を手伝ったり、時には壊れたマシンを修理もします。私が配属された時、数人の職員がWordを使える程度でしたが、現在はほとんど全員がうまく使えます。その他のソフトについても進歩しています。数ヶ月前からネットワークとインターネットが導入されました。これらが私の仕事です。
スピーチ La technologie d’informatique marche tres tres vite. Donc il faut travailler beaucoup, avec les logiciels et les nouvelles technologies. Et moi aussi, je dois apprendre beaucoup de choses en meme temps, bien sur. Parce que la technologie marche vite. Elle ne m’attend jamais. Il faut travailler et, Il faut s’amuser en meme temps. On doit apprendre l’utilisation d’Internet et la connexion reseau. Mais, il vient d’arriver, donc petit a petit la maitrise viendra. ca c’est mon avis a la direction.
情報処理技術はとても早く進んでいます。ですからソフトや新しい技術をよく勉強しなくてはいけません。もちろん私も同時に多くのことを学ばなくてはなりません。なぜなら技術の進歩が早いからです。進歩は待ってくれません。一生懸命働きましょう、そして楽しみましょう。インターネットやネットワークについても学ばなくてはなりません。でも少しずつやっていきましょう。これが私の配属先への提案です。
スピーチ Bon, ca c’etait le travail pour les adultes.
Mais pour les enfants ? Qu’est-ce qu?’ on peut faire ?

MOMOTARO ? Qu’est-ce que c’est ?
Est-ce q’il y a quelqu’un qui connait MOMOTARO ? Non ?

Bon, attendez ! Je vais vous montrer..
さて以上は大人たちへの話でした。でも子供たちへは?何が私たちに出来るでしょうか?桃太郎?だれか桃太郎を知っている方いらっしゃいますか?居ません?お待ち下さい。ご覧に入れます。
スピーチ MOMOTARO,
C’est un garcon, tres connu au Japon.
C’est une ancienne histoire...
桃太郎、それは1人の男の子、とても日本では有名です。そしてそれは日本の昔話です。
スピーチ Il etait une fois, a la campagne...
Il avait un grand-pere, et une grand-mere.
むかーし昔、ある田舎におじいさんとおばあさんが住んでいました。
スピーチ Un jour,
le grand-pere est alle a la montagne pour travailler.
Et la grand-mere au fleuve, pour travailler elle aussi.
ある日、おじいさんは山へ、おばあさんは川へ仕事に出かけました。
スピーチ La grand-mere y a trouve une peche flottant sur l’eau.
Est-ce que vous connaissez la peche ? C’est un fruit.
おばあさんは桃が川に流れているのを見つけました。皆さん桃を知っていますか?果物です。
スピーチ Elle a trouve un bebe dans la peche !
(Oui ! C’est possible dans l’histoire.)
Son nom etait MOMOTARO.
Il a ensuite grandi.
おばあさんは桃の中から赤ん坊を見つけました!(はい。物語の中では可能なんです)桃太郎と名付けました。そして彼は成長しました。
スピーチ Quelquefois, un monstre du nom de ONI,
Lui jouait un mauvais tour.
Il etait mechant.
鬼という名の怪物がときどき、悪さをしていました。彼は意地悪です。
スピーチ MOMOTARO, un chien, un oiseau et un singe, ont decide
un jour d’aller a l’ile du monstre.
ある日、桃太郎、犬、鳥、猿は怪物の島に行くことを決めました。
スピーチ MOMOTARO et les animaux, se sont battus contre le monstre.
A la fin, ils ont gagne ! Bravo !
桃太郎と動物たちは怪物と戦いました。そしてとうとう勝ちました。おみごと!
スピーチ Apres, la paix est revenue. Merci !
そして平和が戻ってきました。ありがとう!
スピーチ Est-ce que MOMOTARO etait interessant ?
Je l’ai produit avec le logiciel Power Point combine a Paint.
Le travail comme ca, ce n’est pas tres difficile, c’est tres amusant.
Initiation des enfants a i'informatique est tres inportante.
Donc il faut commencer par une methode facile, comme l'histoir MOMOTARO tout a l'heure. Les enfants sont l'avenir du Senegal, et du monde.
Cette page, est mon sujet d'aujourd'hui.
桃太郎は面白かったですか?私はこれをパワーポイントとペイントのソフトで作りました。このような作業は難しくありません。とても楽しいです。コンピュータ技術を子供たちに見せることはとても重要です。だからこの桃太郎のように簡単な手法から始めましょう。子供たちはセネガルの未来、世界の未来を担っています。このページが今日私が申し上げたいことです。
スピーチ Je vous remercie de votre cooperation. Jurjuf !
ご協力ありがとうございました。ありがとう!(Wolof)

★ ほっ ★
そういうわけで、無事に終了。あ~、ほっとした。

★ クロスロードに掲載 ★
JICA発行の機関紙「クロスロード2004年3月号」に、自画自賛ですが、今回の国際ボランティアデーの記事を掲載させていただきました。また「セネガルがいど」も紹介させていただきました。





Copyright © セネガルがいど,all rights reserved.