セネガルがいど TOP

セネガルがいど TOP > たびっき > セネガル-日本 学校交流



★ セネガル-日本 学校交流 ★

兵庫県の山間部にある「兎塚小学校」と学校交流が始まりました。
きっかけは「セネガルがいど」をたまたま見てくれたある先生からのメールでした。

★ 学校交流って? ★
離れた場所にある学校同士がお互いに連絡を取り合い、生徒らの相互理解を深める活動。たとえ外国のように遠くても、手紙やメール、ウエブサイトなどを通じて交流することができる。

★ 兎塚小学校 ★
兵庫県美方郡村岡町の山間部にある小学校。近くにスキー場もあり、リフトで通学する生徒も居るそうだ。
「兎塚小ホームページ」 参照
兎塚小学校 6年生のみんな
兎塚小学校 6年生のみんな

★ 交流の手法 ★
具体的な活動としては「総合的な学習の時間」を利用して、生徒がセネガルのことを調べ、分からない点などについて、質問のメールを投げ掛ける。徐々に情報を蓄積していき、自分なりにセネガルという国を理解する。
セネガルの小学校も同様に、自己紹介や日本についての質問を投げかける。田舎分の小学校にはPCは無いので、僕がそれを代行する。町に出ればインターネットスペースはあるので、将来的にも継続が可能だと思う。
第1回はFatick州ToubaCoutaの村の学校に出向いて「コンピュータって何!?」という授業をし、その一環として交流が始まればと思っている。(2003年1月予定)

兎塚小6年生がつくった→ 「ひとりがひとり 世界の友だちプロジェクト」 参照

★ 兎塚小6年生の NS君 と TM君 をご紹介 ★
セネガルのことを調べることになった2人をご紹介します。
なまえ NS君
なまえの意味 世の中まじめに、とびたって活躍してほしいという思いで
家族:父、母、お兄ちゃん、お姉ちゃん、僕
家族の仕事とじまん:歯医者、サッカーのコーチ
家ではどれくらい学習する?テレビは?:2時間、1時間
家での仕事は何?:お風呂掃除
なにが好き? なぜ?
 ー食べ物:かつ丼、かつカレー、肉うどん、焼肉
 ー人:中田英〔サッカー選手
 ー科目:算数、体育
なにが苦手?
 ー食べ物:えび
 ー生物:ミミズ〔虫ほぼ〕
 ー科目:理科
1番好きなこと?(趣味・特技)なぜ?:サッカー
将来何になりたい?夢? なぜ?:サッカー選手  サッカーが好きだから。
一番大切な物は?:サッカーボール、お金
何が欲しい?どうして?:サッカーシューズ
お休みの時は何をしている?:サッカー
今までで一番楽しかった思い出は?:修学旅行
どの国に行ってみたい?どうして?:イタリア サッカーで有名だから

なまえ TM君
なまえの意味 元気でやさしい子に育つように
家族:母・父・姉・自分
家族の仕事とじまん:自動車を直す
家ではどれくらい学習する?テレビは?:学習は1時間から2時間。テレビは6時間
家での仕事は何?:お風呂掃除
なにが好き? なぜ?
 ー食べ物:ラーメン、カレー
 ー人:かわいい系
 ー科目:体育と、国語
なにが苦手?
 ー食べ物:納豆、
 ー人:
 ー科目:算数、図工
1番好きなこと?(趣味・特技)なぜ?趣味は、ゲーム  バッティングセンターに行くこと
将来何になりたい?夢? なぜ?野球日本代表 アテネに行ってみたいから
一番大切なことは?:
何が欲しい?どうして?:飛行機のプラモデル  組み立てて飛ばしてみたいから。
お休みの時は何をしている?:テレビゲーム
今までで一番楽しかった思い出は?:修学旅行のチボリ公園ではいった、お化け屋敷がみんなキャーキャー言って楽しかった。
どの国に行ってみたい?どうして?:アメリカ 一度「自由の女神」を見てみたいから。


★ セネガルの小学生 ババカル君をご紹介 ★
教育省で働く母をときどき訪ねてくるババカル君が日本のTM君、NS君と交流することになりました。
ババカル君

ババカル君
ババカル君、僕の職場にて
なまえ ババカル ジャロ君
家族:父・母・姉・姉・姉・兄・弟・妹・いとこ・いとこ
家族の仕事とじまん:空港税関史(父)・教育省食堂(母)
家ではどれくらい学習する?テレビは?:学習は3時間。テレビは1.5時間
家での仕事は何?:近所の売店へお使い
なにが好き? なぜ?
 ー食べ物:羊肉、鳥肉、米
 ー人:家族、友達、ファディガ選手(サッカーのナショナルチーム)
 ー科目:英語、体育
なにが苦手?
 ー食べ物:ブタ肉、お酒 (イスラム教で禁止されている)
 ー人:
 ー科目:家庭経済(家計簿)
1番好きなこと?(趣味・特技)なぜ?趣味は、ゲーム  バッティングセンターに行くこと
将来何になりたい?夢? なぜ?:役所の局長、会社の社長:家族を援助するため
一番大切なことは?:サッカーボール、お金
何が欲しい?どうして?:ファディガ選手のユニホーム:ファディガ選手はサッカーがうまいから
お休みの時は何をしている?:勉強、サッカー
今までで一番楽しかった思い出は?:ゴレ島への遠足
どの国に行ってみたい?どうして?:カナダ、フランス(姉が住んでいるから)


★ メールやり取り内容 (要約) ★
兎塚小学校の丸山先生、6年生のNS君とTM君、そして筆者(ごう)とのメール(および手紙)のやり取りをご紹介。(メール内容の公開は承諾済みです)
2003/09/19

丸山先生記
ごうへ
はじめまして、たまたま「セネガルがいど」を見つけ、メールをしています。
実はお願いがあってメールさせてもらってます。「私の学校の6年生とメールで交流してもらえませんでしょうか?」
総合的な学習の時間が始まって4年。この6年生たちは、ずっとふるさとに自信を持つ学習をしてきました。というのも、私の経験から、自分のふるさとのことを自信を持って語れることこそ国際人としての基本だ。と気づかされていたからです。(ごうさんはどうですか?現地の人から「故郷はどこ?どんなところ?」と聞かれたとき、東京から遠いことに引け目を感じたりしませんか?)
時代も味方してくれているようです。今、学校にはどんどんコンピュータが入り、私の学校でも、どの教室でもインターネットができるようになりました。
もし、了解願えるなら、子供たちが送ってくるメールに対して、簡単に答えていただければいいのです。これを機会に、子供たちの心に、アメリカや、世界陸上のフランス、拉致事件の北朝鮮だけでなく、世界にはセネガルという国もあり、そこには日本の若者たちががんばってるんだという事実を心に植え付けたいのです。
長々となりましたが、思いを察していただき、ご協力をよろしくお願いいたします。
兵庫県美方郡村岡町 兎塚小学校 丸山
2003/09/20

ごう記
丸山先生へ
丸山一則先生はじめまして。メールを頂きましてありがとうございます。
>「私の学校の6年生とメールで交流してもらえませんでしょうか?」
ぜひ、よろしくお願い致します。
>東京から遠いことに引け目を感じたりしませんか?
私は神奈川県小田原市で育ちました。東京から約2時間、海と山に囲まれた、とても過ごしやすい土地です。 私は小田原が好きです。初めてダカール空港に到着した時、故郷と同じ、潮の香りがして、ほっとしたのを覚えております。
>これを機会に、子供たちの心に、アメリカや、世界陸上のフランス、拉致事件の北朝鮮だけでなく、世界にはセネガルという国もあり、そこには日本の若者たちががんばってるんだという事実を心に植え付けたいのです。
ぜひ、お願いしたいと思っております。セネガルの子供達との手紙や写真の交換など、もしそんなことのきっかけになれたら素晴らしいですね。出来る限りの事をしたいと存じます。これからもどうぞよろしくお願い致します。
2003/10/17
TM君記
ごうへ
こんにちは、はじめまして。
兎塚小学校6年TMです。ぼく達は、今、青年海外協力隊のことを勉強しています。ごうさんは、セネガルでどんな仕事をしているんですか。セネガルに来て、今何ヵ月ぐらいですか。
セネガルのサッカーチームは、ワールドカップで、日本に来ていましたが、セネガルでは、サッカーをする人が多いのですか。セネガルは今、春ですか。夏ですか。秋ですか。冬ですか。兎塚は秋です。
まだわからないことが、あるかもしれませんが。よろしくお願いします。
兎塚小学校6年TM
2003/10/17

ごう記
TM君へ
はじめまして。メールが届きました。どうもありがとう。
僕は、アフリカ大陸のセネガルという国で働いています。日本からだと、飛行機で20時間以上かかるところです。こんなに遠くてもメールが届くのは、ふしぎだね。
さて、僕は「システムエンジニア」という職業です。簡単にいうと、パソコンの先生です。セネガルの首都、ダカールという町で働いています。こちらに来てからもう 1年と6ヶ月 が過ぎました。
今は蒸し暑くて、Tシャツで寝てても汗をかくほどで、セネガルには日本のように4つの季節がありません。雨の全然ふらない「乾季」と、時々雨がふる「雨季」の2つだけなのです。
広場にはいつもたくさんの子供達が遊んでいます。みんなサッカーが大好きで、夕方暗くなるまでやっています。ワールドカップがあったので、日本のチームのことも知っているんだよ。僕が歩いていると、「ナカタ」「イナモト」なんて声をかけられたりするよ。
また質問したいことがあったら何でも聞いてください。セネガルのみんなとも友達になれたらいいね。
2003/10/18
丸山先生記
ごうへ
子ども達へのメール 本当にありがとうございます。
さっそくお返事していただいたおかげで、もう子ども達は本当に大喜びです。地球の反対側にあって、ごうさんが書いているように、飛行機でも20時間以上かかるところから、まさに、ポン・・と、手紙が帰ってくるのですから・・すごいことです。職員室でも、大いに盛り上がりました。
子ども達はそこから、自分なりにアフリカ大陸を想像し、セネガルでの子ども達が、サッカーそれも日本のことまで視野に入れながら楽しんでいることがおぼろげに理解できたと思います。そのはじめの理解からが、本当の交流がはじまるんだと思うのです。これから、子ども達はそれぞれの国について調べていきます。それを、学校のホームページに順次のせていく計画です。
最後に、現地の子ども達との交流へともっていきたいと考えています。本当に、今年の6年の取り組みはまさに「ワクワクタイム」です。
2003/10/20

ごう記
NS君へ
>ぼくたちは、今、青年海外協力隊について勉強しています。それで、セネガルについて調べる事になりました。
すごいね。セネガルはワールドカップやキリンカップがあったので、日本でも最近身近な国になったかもしれないね。
>セネガルは、サッカーが、強いですが,やっぱり周りでサッカーをしているひとはたくさんいますか。
広場にはいつもたくさんの子供達が遊んでいます。みんなサッカーが大好きで、夕方暗くなるまでやっています。ワールドカップがあったので、日本のチームのことも知っているんだよ。僕が歩いていると、「ナカタ」「イナモト」なんて声をかけられたりするよ。
>ごうさんは、何を教えに行ってるんですか。
僕は「システムエンジニア」という職業です。簡単にいうと、パソコンの先生です。
>まだまだ、分からないことがあるのでまた教えてください、お願いします。
また質問したいことがあったら何でも聞いてください。セネガルのみんなとも友達になれたらいいね。
2003/10/20

丸山先生記
ごうへ
この交流は、25人の子ども達に対して、18カ国。中には、一カ国に複数の隊員がいる国が3カ国。ということで、1人の隊員に対して、二人の子どもが当てられている国が、4カ国あります。
送信する前には、そのコンピュータの前に行って中身をチェックするのですが、TM君とNS君は、2人でセネガルを希望しました。2人とも同じパソコンでメールを打ち、同じくサッカー少年なので聞きたいことが似通ってしまったようです。
2003/11/04

丸山先生記
ごうへ
>さて、皆さんの国についての、ページが曲がりなりにも6年生の手によって完成しました。
兎塚小のホームページ、見せていただきました。絵もとてもよく書けていますね。セネガルに山はほとんど見られないのが残念です。
「兎塚小ホームページ」→ 「ひとりがひとり 世界の友だちプロジェクト」 参照

>さて、11月14日に公開授業があり、各国とリアルタイムでメールのやり取りを試みます。届いたら、すぐに簡単に返信してやってください。
メールの到着までにずいぶん時間がかかる場合もあるとおもいますが、待機してみます。
>そのときでないと答えられないような質問を考えます(何かいい質問ないですか?)
現在の時間と外の景色は? なんて、いかがでしょうか。
>皆さんからの、メール、子ども達以上に私が楽しみにしています。
それは僕らも同様です。毎回楽しみです。
2003/11/04

NS君記
ごうへ
くわしくごうさんの家、仕事場から見える風景を言葉で教えて下さい。例えば、道を歩いている人の顔の色とか、植物(樹木)など。
ぼくたちの作ったセネガルのホームページができました。見ての感想をください。
2003/11/04

ごう記
NS君へ
ダカールは首都なので、とにかく人が多いです。道路には、通行人や路上で商売をしている人たちや、屋台を出しているおばちゃんたちでいつも大にぎわいです。狭い路地でも子供たちがサッカーをしていたり、誰かが飼っているヤギがそこらへんをうろうろしています。自動車もとても多くて、いつも道路は渋滞しています。そして、荷馬車が自動車の隙間を横切っていったりもします。おばちゃんたちはどっしりとした体格の人が多くて、とても強そうです。おおきな荷物をひょいっと頭の上に乗せて、手ぶらですいすい歩いています。
建物はきちんとしたビルもあるけど、セメントで作った白い壁の1階建ての家が多いです。そして、トタン(鉄板)や木の板で作った、とても簡単な作りの家も多いです。そんな家には、電気も水道もありません。
さあ、少しずつセネガルのことが分かってきましたか?
2003/11/08
TM君記
ごうへ
パソコンの先生をしているなんて、すごいなとおもいました。
セネガルでおいしい食べ物と毎日必ず食べる物,飲む物は何ですか。今日本では、柿がおいしいです。干し柿を作っている家もあります。
今、日本は、ワールドカップのバレーが開かれています。日本代表は、今のところ3戦3勝です。セネガルでは,今、どんな話題がありますか。教えて下さい。
あと、次のホームページで、ごうさんのこと紹介しもよろしいですか。名前と、職種などどこまでのせてもよろしいですか。教えてください。お願いします。
2003/11/11

ごう記
NS君へ
>ごうさんの家、仕事場から見える風景を言葉で教えて下さい。例えば、道を歩いている人の顔の色とか、植物(樹木)など、くわしくおしえてください。また、ぼくたちの作ったセネガルのホームページができました。見ての感想をください。
きちんと完成していたね。すごいと思います。文章もとてもよく調べて書いてあると思います。絵も見ました。
道にはとてもたくさんの人が歩いていますが、ほとんどみんな、黒人です。肌の色が真っ黒い人たちです。
NS君の書いてくれた絵も、TM君が書いてくれた絵も、サッカーをしている人ですね。真っ黒い人がほとんどだけれど、首都ダカールにはいろんな肌の色の人が居ます。子供たちはTシャツ短パンスタイルが多いけど、大人になると、大きな布をばさっとかぶったような服を着ている人が多いです。そして、女のひと、おばちゃんなどは、頭にも布を巻いて、おしゃれをしています。街路樹は日本に生えているのと見た目はあまり変わらないと思います。でも、太陽が強いせいか、とても葉っぱが生えるのが早いです。
また、バオバブという木を首都でも見ることができます。これはアフリカ独特の木で、とても大きくなるんだけど、幹が太くて、先っちょのほうに葉っぱがちょぼちょぼと生えているような、ちょっと奇妙な形の木です。
セネガルには森林や山はほとんど無いので、自然がいっぱいの兎塚小はいいね。
公園でのサッカーの風景ですが、公園といっても、ただの広場なので、ブランコがあるような公園はありません。地面も、草が生えていないことがほとんどです。セネガルは一面砂だらけの国なので、公園も全体が砂場のような感じです。
もっといろいろ調べたり、質問したりして、たくさん絵を書いて見てください。楽しみにしています。
2003/11/11

ごう記
TM君へ
>こんにちは、一回目のメールありがとうございました。ごうさんは、パソコンの先生をしているなんて、すごいなとおもいました。
僕はいま、セネガルでパソコンを教えているけど、来年の春で仕事お終わる予定です。次は、また別の国で、なにか別の仕事ができたらいいなと思っています。まさひろくんは大きくなったら何になりたいですか。
> セネガルの事でまたいくつか質問させてください。セネガルでおいしい食べ物と毎日必ず食べる物,飲む物は何ですか。今日本では、柿がおいしいです。干し柿を作っている家もあります。
柿はおいしいね。でも、セネガルには生えていないので食べれません。マンゴーという果物を知っていますか?暑い国でよく取れる、甘くておいしい果物です。4月~10月くらいまで、たくさん取れるので、道端でたくさん売っています。それ以外の季節は、スイカがたくさん取れるので、マンゴーを売っていたところが、全部スイカ売り場になってしまうので、季節の移り変わりを感じることができます。
毎日食べるものは、チュブジェンといって、ご飯に野菜と魚を煮た具をかけて食べる食事です。セネガルで一番有名な食事です。栄養も満点で、とてもおいしいよ。子供たちは、牛乳をよく飲んでいます。でも、日本のように、牛からとれたての牛乳はあまり無いので、工場で加工された、粉ミルクを水やお湯で溶かして飲んでいます。
> 今、日本は、ワールドカップのバレーが開かれています。日本代表は、今のところ3戦3勝です。セネガルでは,今、どんな話題がありますか。
セネガルはサッカー好きの国です。キリンカップなど、大きな大会が終わってしまったので、次の試合を楽しみにしています。日本のことを好きな人が多いので、日本との対戦をとても楽しみにしているよ。
>あと、ホームページで、ごうさんのこと紹介しもよろしいですか。名前と、職種などのせてもよろしいですか。
OKです。ホームページも楽しみにしているので、つづきが書けたら知らせてください。
2003/11/12

ごう記
丸山先生へ
私のHPへのリンクもご自由にして下さって構いません。
また今回の学校交流の経過を私のHPにも載せたいと思うのですが、生徒や先生とのメールのやり取りを掲載することは出来るのでしょうか。MK先生、TM君などの表記を用います。学校名はどうでしょうか。学校のHPへのリンクなど、プライバシーの問題など、微妙ですので迷っております。いかがでしょうか。
目的としては、セネガルがいどをきっかけに、やり取りが始まり、こんなやり取りを先生や生徒として、学校のHPがこんな風に完成しました。というのを表現したいわけですが。以上、お忙しい中恐縮ですが、お願いいたします。
2003/11/13

丸山先生記
ごうへ
いつもいつも子ども達への素早いお返事に、子ども達のやる気を育ててくださっていること、感謝しております。
兎塚小学校との交流を、ごうさんのホームページに紹介する件ですが、学校HPは、世界に向けて発信するためにあるので、どうぞしっかりリンクしていただいて結構です。個人と個人とのメールのやりとりについては、個人名がやりとりされていることもあるので、児童の名前は、イニシャルでお願いします。私については、丸山で結構です。学校名は兎塚小学校と出していただいてもちろんかまいません。
いろいろ気を遣っていただいてありがとうございます。子ども達、ますますこの世界にのめり込んでいます。よろしくお願いします。
2003/11/13
NS君記
ごうへ
ごうさんがくわしく教えてくれたので、絵をかくことができました。
セネガルの南の方の人たちは、上は、ガンビアというちがう国だけどどうゆう道のりで首都のダカールに行くんですか?やぎがいると言ったけどそのやぎは、何色ですか。
週に何回くらいコンピューターを教えているんですか?それに何時間位仕事をしてるんですか?
2003/11/13

ごう記
NS君へ
>ごうさんがくわしく教えてくれたので、絵をかくことができました。
どういたしまして。またホームページで見れるのを楽しみにしています。
>セネガルの南の方の人たちは、上は、ガンビアというちがう国だけど
>どうゆう道のりで首都のダカールに行くんですか?
セネガルの南、ガンビアよりも南の部分を「カザマンス地方」といいます。そうだね。セネガルの中に、ガンビアという別の国が食い込んだ形の、珍しい国境線だとおもいます。セネガルの地図を、よく見ると、ライオンの横顔に見えてくるかな?ガンビアはその口の中にはまっている感じだね。
さて、首都ダカールからカザマンスに行くとき、3つの方法があります。
1.車で行く。ガンビアを突っ切り、大きな川は車ごと乗せられるフェリーで渡る。
2.船で海を渡っていく。ただし去年、1せきしかないその船が沈没し、1,000人以上が亡くなるする事故があって、現在はこの手段は使えません。
3.飛行機で行く。早いけど、値段が高いので、普通の人々は利用できません。
なお、現在、カザマンス地方は、内戦(同じ国民同士の戦争)が完全に終了していないことから、日本人は行ってはいけない地域になっています。でも、この地方は、自然も豊かで、ぜひ行ってみたい場所なのです。はやく内戦が終わり、平和になればいいなと思っています。
>やぎがいると言ったけどそのやぎは、何色ですか。
ヤギや羊や馬がそこいら辺をうろうろしているんだけど、色は白、茶色、黒、そしてそれらのまざりあったやつです。ちなみに、羊は、毛がもこもこくるくるなっているのを思い浮かべると思うけど、こちらの羊は、ヤギと同じ見た目です。慣れないとなかなか区別がつきません。見分けるポイントは、しっぽ。どちらも短いしっぽがあるんだけど、ヤギはピンと立ったしっぽ。ヒツジは垂れたしっぽ。です。
>ごうさんは、週に何回くらいコンピューターを教えているんですか?何時間位仕事をしてるんですか?
基本的に、月曜から金曜日まで、朝8時から夕方5時まで。僕は教育省というお役所で働いていて、そこで働いている人たちに 毎日パソコンの使い方を教えたり、こわれたときの修理をしたり、みんなが帰ったあとに、メンテナンスといって、コンピュータが長持ちするように、調整したりしています。
こちらの今日の気温は32度。まだまだ暑さが続きます。兎塚小学校のあたりはどうですか?冬になったら雪がたくさん降りますか?
2003/11/14
公開授業
日本時間13時30~、6年生の教室で公開授業が実施されました。
各国にメールを送信し、即座に返事が来るかどうかという実験です。僕も早朝4時半に待機していましたが、サーバの調子が悪かったのか、実際にメールが到着したのは数日後でした。
いくつかの国からは即座にメールが帰ってきたようで、この試みは大成功だったようです。
2003/12/08

NS君記
ごうへ
兎塚は、12月7日に雪がパラパラ降りました。 山は、もう白いです。それに、とても寒いです。兎塚には、大きなスキー場があって12月13日にオープンします。とってもまちどおしいです。他にも、冬になると楽しい事がたくさんあります。だから、ぼくは兎塚が大好きです。
これから、自分の紹介をします。ぼくは、身長150cm、体重・・・㎏、11歳。好きなスポーツは、サッカーです。いつも外でサッカーをして遊んでいます。将来の夢は、サッカーの日本代表になることです。
ごうさんが隊員として活動中の写真がほしいということです。できれば送ってください。
2003/12/08

ごう記
NS君へ
TM君へ
写真が届きました。どうもありがとう。スキーが好きなんだね。こちらでは雪は降らないので知らない子供も多いと思います。
日本代表になれたらすごいね。いつかセネガルナショナルチームと対戦できるかもね。
僕の夢は、世界中の国々に住んで働いてみることです。だから、言葉の勉強をまずしなきゃと、頑張っています。僕の活動中の写真を送ります。(白黒です)教育省の同僚(仕事仲間)にパソコンの使い方を説明しているところです。仕事をフランス語でしなくてはならないので、難しいこともあるけれど、とても楽しくやっています。
あと、兎塚小のホームページで2人の絵を見ました。とてもよくかけていて、びっくりしました。そうそう、こんな感じです。もっと車が多いかな。いつも大渋滞です。人ももっとうじゃうじゃいます。海と空の青さはそうそう、こんな感じ。頭の上に物を乗っけて歩くのって、難しいよね。でも、特におばちゃんたちはみんなこうして者を運んでます。
また絵を書いたり、質問があったらメールを書いてください。では、風邪ひかないように!
2003/12/08

ごう記
TM君へ
>僕のクラスはスキー場に家がある友達がいます。その友達は,学校に通うのにリフトを使うんですよ.夕方,スキー客が下山するのにリフトに乗っている時,下からランドセルをしょった小学生が上がってくるので不思議な顔をしているスキー客が居るそうです。ビックリしますよね。
へえー、すごいねえ。僕は箱根のふもとで育ったので、友人の中にはロープウエーを使って通学している子もいて、大変だなあって思ったけど、リフトとはすごいね。びっくり。
>ごうさんはスキーは好きですか?
はい。セネガルではできないけど、日本ではよくスキー場にいっていました。ファンスキーといって、とても短いスキーがお気に入りでした。持ち運びも便利だし。
>次に、僕の紹介をします。持っている楽器はトランッペトと言います。
いいねえ。楽器は。僕は高校生のときに、バリトンサックスを吹いていました。アルトサックスを大きくしたやつ、低音楽器です。もうずいぶん長いこと、楽器を吹いていないなあ。
2003/12/09

丸山先生記
ごうへ
「ひとりがひとり 世界の友だちプロジェクト」も、新しい段階に入っていきました。これまでの、文字だけの交流から、写真画像を使っての交流を子ども達に許可しました。さっそく、子ども達は自分を紹介する小物を持つなどして、自分らしさをアピールする写真と文章を送ったのではないでしょうか?
すると、さっそく、4人の方々から、活動中の様子を写した画像が送られてきました。朝、学校に着くなり、その写真を見つつ、目頭が熱くなってきました。アフリカや、中南米で、活躍されていることが、本当にドカンの心に響いてきたのです。
これまでの文章での交流で、ある程度その姿を想像し、子ども達もイラストに描き、こんな人たちだろうと決めつけていたのが、あの写真には、何の説明文も必要ありませんでした。
たとえば、アフリカの赤い大地のグランドに、黒一色かと思っていた子ども達が、違う!それぞれ黒にも大きな違いがあること。やっぱり顔つきはそれぞれの子どもによって違うこと。そして、こんな子ども達にかもまれながら、うちの6年生がすぐに「キックボール やってる!!」と叫んだように、・・・隊員活動をされている姿は、すごくかっこよかったです。
あの画像は、そのうちに、子ども達の画像とともに、並べて学校HPに掲載させていただきます。
そして、兎塚の6年生。そして、協力隊員さんを挟んで、その国の12歳の写真を一緒に載せることができたら・・・
と考えています。子ども達にいろんな刺激を与えてやってください。私もいっぱい感動し、勉強させていただいています。
2003/12/24

NS君記
ごうへ
とうとう兎塚に、本格的な冬がやってきました。今、窓の外は雪が舞い、家々の屋根は真っ白になっています。「スキーに行くぞ!」と張り切っている友だちもいます。
ごうさんの仕事場や近所に住む12才ぐらいの子どもさんを紹介していただけないでしょうか?そして、その子どもの写真と、添付の紹介文を、メールしていただきたいです。そのこと、友だちになりたいのです。よろしくお願いします。
12月24日が、終業式なので1月8日までメールが送れません。ぼくは、冬休みもサッカーをがんばります。ごうさんはどんなふうに過ごされますか。では、良いお年を・・・。
2004/01/04
ババカル君記
TM君
NS君へ
あけましておめでとう、健康でよい年でありますように。いつ、セネガルに来れますか?
2004/01/12

丸山先生記
ごうへ
このプロジェクトのねらいは「途上国に、友達を作り、地球の反対側であっても、自分のこととして考えることで、世界の平和を考え、実際に行動できる、そして行動する子どもを育てる。」ということでした。そこで、子ども達に今回のプロジェクトの集大成ともいえる『宝』を持たせてやりたいのです。
① 現地の子どもが、現地の言葉で書いた手紙がほしいのです。② もちろん、現地語ですから何が書いてあるか6年生にはわかりません。ですから、隊員さんに訳していただいたものを同封してほしいのです。③ その手紙には、現地の切手を貼って送ってもらいたいです。④ 隊員さんがいなくなっても、その子と交流を続けられるように、その子の住所を必ずつけていただきたいです。⑤ もちろん、帰ってきた手紙を通じて、今度は6年生から、手紙を書かせます。日本語で書かせますから、それを現地の言葉に直してもらえないでしょうか。
兎塚の6年生25人が、大人になって、世界中に行けるようになったとき「私は、僕は○○国に友だちがいて、会いに行くんだ!」なんてなることを信じて、ここから先はお互いの子ども達が自分でやることになると思います。ひとり一人の心の中に、どかんと残る○○国の○○ちゃんこんな姿を確認しつつ。
2004/01/23

NS君記
ごうへ
兎塚は、大雪で、警報になって学校が、休みになりました。30cmくらい積もっています。
ごうさんラジオにでてましたね。兎塚では聞けないので、東京にいるおばあちゃんに録音してもらい送ってもらいました。クラスの皆でききました。
セネガルは、あいさつが、長いなんて知りませんでした。ごうさんが、ラジオに出てくれたおかげでもっとセネガルの事分かりました。それと、はがき届きましたよ。セネガルの写真を見て肌が、予想以上に黒いことが、わかりました。それに、おばさんが、確かに、手ぶらで、頭に,荷物を置いて歩いていますね。本当に、いろいろ送ったりメールをくれてありがとうございました。また、セネガルのこと教えて下さい。
2004/01/26
TM君
NS君記
ババカル君へ
ババカル君の誕生日は何日ですか。身長は何センチですか。スポーツは何が好きですか。好きな食べ物は何ですか。嫌いな食べ物は何ですか。教えて下さい。よろしくおねがいします。
2004/02/01
ババカル君記
TM君
NS君へ
ババカル君がTM君、NS君宛に手紙を書きました。日本語に翻訳したものを同封し、兎塚小に向けて航空郵便を出しました。
2004/02/27
TM君記
ごうへ
こんにちは、お久しぶりです。手紙が届きました。とても感動しました。僕も、手紙を送りました。いつつくかわからないです。卒業まで、あと数日です。残り少ないですが、勉強やスポ―ツを頑張りたいです。これからもよろしくお願いします。
2004/02/27
ごう記
TM君NS君へ
手紙のお返事を書いてくれたそうで、どうもありがとう。ババカルくんも、いつ届くかなあと、とても楽しみにしているようです。うまく届くことを信じています。そしてこれからも君達の友達関係が続くといいね。
さて、もうすぐ卒業だそうですね。おめでとう!中学生になっても、とにかく元気よく!いろいろなことに挑戦してください。応援しています。
2004/03/08
TM君
NS君記
ババカル君へ
日本から二人が書いてくれた2通の手紙が航空便でセネガルに無事に到着。フランス語に翻訳しババカル君に手渡しました。読み終えて彼はひと言「はー、うれしー!」と、感動の声を漏らしていました。僕も嬉しい。
(メール内容の公開は先生に了解を得ています)

★ 今後の展開 ★
そういうわけで、TM君、NS君は兎塚小学校を卒業です。でも、ババカル君との交流がこれからも続いていったらすばらしいことだと思う。今後の展開がとても楽しみ。





Copyright © セネガルがいど,all rights reserved.